fc2ブログ

~競馬予想~データ・血統で回収率・的中率向上するぞ!!

平場・重賞で注目馬を予想。回収率向上作戦中。
~競馬予想~データ・血統で回収率・的中率向上するぞ!! TOP  >  阪神JF

阪神JF 予想2

こんばんは。ブロードアピールです。

いやー今年もあと少しですね・・・
競馬は今のところはダメダメですが、最後っ屁を出すまであきらめません!笑

では今日は注目馬を紹介したいと思います。

①ハープスター
新潟2歳Sが印象的なこの馬。あの直線だけで最後方からぶっこぬく末脚は父ディープインパクトを彷彿させるないであった。しかし今回は休み明けで、ゴール前に急坂がある競馬場であるということが不安要素か?あと、新潟2S勝ち馬に大きく出世した馬がいないのが気にかかる。ただ、馬券で外すのは危険か。

②ホウライアキコ
今年話題のヨハネスブルグ産駒。早熟血統なのか2歳戦では抜群の勝ち上がりを見せていました。この馬も新馬・小倉2歳S、デイリー杯と無傷の3連勝!この時期に重賞2勝はなかなかできることではない。ここからも完成度の高さがうかがえます。その完成度の高さを武器にヨハネスブルグ産初のG1に挑む!ただ、この馬も坂コースを使用したことがなく、先行馬のため今レースでは少し不利と思われることも多い。(このレースは逃げ残りが難しい)

③マーブルカテドラル
ダイワメジャー産駒でこの馬も重賞アルテミスS勝ち馬で4戦3勝。少々走りすぎな気もしなくはないが、やはり関東圏の坂道のある競馬場で3勝しているのは好印象。問題は初の関西への輸送がどうなるかということ。当日の馬体重は要チェック!私的なデータではこの馬に頑張ってほしいと思っています。カレンブラックヒル以来のG1を排出することができるか?

④フォーエバーモア
ネオユニバース産駒。新馬・サフラン賞を連勝中。ただ特別なものがなくあまり人気しない模様。うーん・・・確かに目立つ物はないんですが、なんか気になるんですよね。まあ、穴の一頭ということであげておきます。

今の時期の持ちタイムはあまり気にしない方がいいと思っています。特に芝ではその時のコース・天候でタイムが愕然と変わってきます。特に京都・新潟では超高速馬場だった。
ですので、やはり注目するところはローテーションと陣営の思惑、そして血統!これらを重視して予想し当てたいと思います。

では、ブロードアピールでした。
[ 2013年12月05日 22:08 ] カテゴリ:阪神JF | TB(0) | CM(0)

阪神JF データ 予想2

こんばんは。ブロードアピールです。

最近夜が暇なのでブログの更新が多くなっています。笑

では、今日は阪神JFのちょっと変わったデータを紹介したいと思います!

関東馬が強い!!
すいません。少し大げさに言いました・・・しかし、ここ最近では関東馬がかなり頑張っています。1着こそアパパネだけですが、2.3.着にはかなりの確率で入ってきています。12年3着、11年2.3着、10年2.3着、09年1.2着、08年2着と馬券内に2頭来ることもあった。ここ、5年では必ず一頭は来る状況で、関東から遠征に来る馬は関西馬と比べると少なく、選びやすい利点があり。西高東低が叫ばれているなか、このレースの最近の傾向としては違ってきている事実があります。

先行馬は軽視!!特に1~2番手につけるようなスピードタイプは軽視。事実去年のクロフネサプライズぐらいしか3着以内は来ていない。上位に来る脚質は7番手以降の差し馬が完全に優位!開幕2週目で先行・逃げ残りの可能性が高いかと思われるが、このレースでは相性が最悪。人気が予想されるホウライアキコは切ることは難しいが、軸としてのおすすめはできない。やはり、2歳牝馬には阪神1600m外回りはかなりタフなコース。スピードだけでは乗り越えられないのだろう。

勝ち馬は父がクラッシク馬から狙え!!
これは、前回の記事でも触れているのであまり細かくはしないが、去年を除いて06年からの勝ち馬は父がクラッシクを勝っている。そこで、今年の出走予定メンバーで父がクラッシク勝ち馬の血統はディープ、ネオユニヴァース、ダイワメジャーの産駒がいる。特に一番の注目馬はハープスター(ディープ産駒)と考えられる。

芙蓉S好走馬を狙え!!
すこし①とかぶるところがありますが、芙蓉Sは牡馬混合のOPで中山1600mで行われる。このレースで牡馬と混じり好走(できれば勝ち)できれば、牝馬としての完成度が高いと考えられる。また、コース形態が直線こそ短いがゴール前にある急坂は阪神1600mと同じ。このコースを差して買ってくる馬は、直線が伸びる阪神JFではよりパフォーマンスが上がると思われる。(今回はマーブカテドラル)


以上が私が気づいたデータになります。(もしかして割と普通だった?)

この阪神JFはクラッシクにホントに直結しやすく、来年スターホースを占う意味でもとても好きなレースの内の一つです。(朝日杯はあまり直結しないので・・・)

ぜひとも当てたいと思います。

では、ブロードアピールでした。

[ 2013年12月04日 21:43 ] カテゴリ:阪神JF | TB(0) | CM(0)

阪神JF 予想1

こんばんは。ブロードアピールです。

ここの所、飲み明かし気味の私ですがみなさんはいかがお過ごしでしょうか?笑

いやー忘年会は楽しいですが、肝臓がすこし心配です。汗

今日は簡単に阪神JFを振り返ります。

このレースは2歳牝馬にとっては最も重要な出世レースといっても過言ではないように思われる。

2006年に阪神競馬場がリニューアルされてからの勝ち馬は、ウォッカ、トールポーピー、ブエナビスタ、アパパネ、レーブディソール、ジョワドヴィーブル、ローブディサージュです。

この中で春G1を勝った馬は4頭。(うちダービー馬1頭、三冠牝馬1頭、2冠牝馬1頭)

レーブディソールは3歳時に怪我をしてしまい、クラッシク路線には乗れませんでした。(おそらく出てれば何か買っていたはず)
ジョワドも一応けがをしています。

この中で、春牝馬G1に出走しながら勝てなかったのはローブディサージュだけという、かなりの出世レースです。

ここで勝ち馬の父を見てみると、タニノギムレット、ジャングルポケット、スペシャルウィーク、キングカメハメハ、アグネスタキオン、ディープインパクト、ウォーエンブレムです。

そう!ウォーエンブレム以外はクラッシク勝ち馬の子供なのです。
そして、阪神JF勝ち馬がその後活躍するにはやはり、父がクラッシク勝ち馬でないと活躍できていない状況です。
(レーブはタキオン産で足元弱く不出走、ジョワドも怪我)

ということは、血統的にはやはりクラッシク勝ち馬産駒を狙うのがベターかと思われます。

もし、今度の阪神JFでクラッシク勝ち馬以外が来たときは、春牝馬G1は今年のメイショウマンボのように他路線からを重要視した方が良いのではないかと考えます。

まとめると、阪神JFは3歳時にG1を勝てそうな血統の馬を狙え!
ということです。

そうなると一番可能性が高いのははハープスターと現在では考えていますが、これはまた出馬表が出てから考えたいと思います。

では、ブロードアピールでした。

[ 2013年12月04日 00:12 ] カテゴリ:阪神JF | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ブロードアピール

Author:ブロードアピール
競馬好きが行う競馬予想。
目指せ回収率120%!!
重賞をメインにぼちぼと予想を公開。

予想方法はオーソドックスな血統・データを駆使しながら、完全なオカルト予想も展開。
信じるか信じないかあなた次第。笑
時折平場予想もアップしたいと思います。
ブロとも・リンク申請歓迎です。

最新トラックバック
閲覧者数
名馬DVD
広告

PR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR